本文へスキップ
鵠沼の地名の名残のはす池を大切にしましょう







はす池の自然を愛する会のホームページへようこそ。
湘南鵠沼の第一、第二はす池に関する情報をお知らせします。

桜小路公園(第一、二はす池)マップ
※マップ右下の+をクリックすると地図がズームされます
※画面をタップしたまま移動すると地図がスクロールします


  お知らせtopics

●6月の定例作業と舞妃蓮の開花状況のお知らせ

6/27(日)6時半から第一はす池にて、舞妃蓮の観賞に向けた歩道側の下草刈りを
行います。ご協力いただけ方は長袖、長ズボン、マスク着用でお集まりください
軍手や鎌等は用意します。雨天時は中止とします。


6/18(金)の舞妃蓮の開花状況です。
開花から16日目となり、今日は約800輪が咲きました。
数日中に満開となり、1日の開花数は1000輪越えになると思います。
観賞にあたっては必ずマスクを着用し、密にならないようにしてください。
自転車やバイクでご来場の方は隣接の広場内に駐輪して下さい。
マイカーの方はご近所のコインパーキングをご利用下さい。
その他、近隣のお住まいの方の迷惑とならないようご配慮をお願いたします。

●ザリガニ等、釣りに来られる方へのお願い
はす池には子ども達が、ザリガニやヌマエビ、小魚を獲りに来ています。
一部にタコ糸や釣り糸、ペットボトル製の仕掛け、壊れた網を放置したま
ま帰っています。
毎日、ボランティアがお菓子の包装類やタバコの吸い殻、空き缶などと一緒
に回収して廃棄しています。子どもの行為と言えども、不法投棄となり、ペ
ットボトル製の仕掛けから逃げ出せなった小魚やヌマエビが死んでしまって
います。
保護者の皆様、お子さんに使った仕掛けなどは持ち帰るようご指導をお願い
致します。
他の池ではマナーの悪さから釣り禁止となってしまった箇所が多く、
はす池については、親子で楽しんでもらう趣旨でオープンにしていますので
、ご理解とご協力をお願いします。

中にはペットとして飼育する肉食魚やカメなどの餌、釣りの目的や販売用と
して、はす池からヌマエビやクチボソ、メダカ、標本販売目的でトンボなどを捕獲し、持ち出すケースがあります。

原則的に藤沢市の都市公園条例により無許可での持ち出しは禁止となっています。
一般的なモラルもありますので、ご理解とご協力をお願い致します。

合わせて、飼えなくなったなった生き物や、他の地域で捕獲や保護した生き物をはす池に放さないで下さい。
わずか1匹の放流でも、繁殖可能なメスの個体が妊娠していると、気付かない内に繁殖し、生態系を変化させます。
近年では、国内外来種の淡水生のドンコが第一はす池で繁殖していました。
今年は第一はす池に、グッピーが放流され繁殖する可能性があります。

今年5月末の第二はす池の調査では、しばらく居なくなっていた、特定外来生物に指定されている、胎生繁殖できるカダヤシが見つかりました。
人為的な放流ではないかもしれませんが、他の地域と行き来している水鳥によるものかもしれません。
人は知識を持っているだけに、それらを防ぐことも知っているはずです。
必要最低限のことは知っていただき、自然環境が保持されることを願っています。

個人による放流や移植については、最後まで自己責任で面倒をみる必要があります。
放つことは容易いですが、その後始末が出来るかというと、生物は生きるために必死なので、人がコントロールできる域を越えてしまいます。

ひと昔前はブラックバスやアフリカツメガエル、ジャンボタニシなどの駆除に取り組んできました。

今は特定外生物のアゾラやウシガエル、要注意生物の繁殖を抑える活動をしつつ、住宅街となっている鵠沼の地域保全のために、賛同されたボランティアを中心に保護と維持活動をしています。

鵠沼のはす池においては、残された小さな池を守ろうと、必死に活動されてきた方がいます。

戦後の洪水により、鵠沼の低地に残ったはす池を後世に残す事ができるように、ご理解とご協力をお願い致します。

●カルガモ等の野鳥ににエサを与えないで下さい
はす池では数年に1回カルガモの雛が子育てをしています。
かわいいからと言ってパンやスナック菓子を与えている光景を目にします。野鳥は自然界の物を食べて生きており、人間が食べる食物の中には塩分や
食品添加物、化学調味料など、野生生物には不必要な物や健康被害を与え
る物などが含まれいます。また、一人一人が与えてる量は少なくても、
毎日何人もの方が与えていると、過剰摂取で消化器系の障害や過度な体重
増加により、羽ばたきにも影響します。
常にエサがもらえる事の依存で、野生本能が低下して、エサを探さなくなったり、季節変動に合わせて移動する事もなくなります。
はす池については、カルガモが蓮に付くアブラムシを捕食するなど、
病虫害の駆除役ともなっていますので、エサを与えないようにして下さい。

人慣れしてしまったはす池育ちのカルガモがここ一年内に、通行車両により3羽も交通事故に遭い死んでしまいました。
餌付けを受けた野鳥は人に慣れて安心しています。
人や自転車、自動車が接近していても、人慣れしたカラス、ハト、ハクセキレイ、スズメ、ツバメなどは近づいても、直前までは逃げません。
むしろ、犬や猫と同様に、都会に住む鳥も意思の疎通ができるかのような感じのようです。
人慣れしてしまうと、野生本来の仕組みを変えてしまう恐れもあります。
関わりについては、不用意なエサ付け等に気をつけて下さい。

●路上駐車はご遠慮下さい
はす池の周辺は住宅街となっており、公園には駐車スペースはありません
第一はす池横の市道(藤沢鵠沼海岸線)や第二はす池周辺の路上、私道(未舗装)は駐車禁止となっています

ご来場の際はなるべく公共交通機関をご利用下さい
当ホームページのはす池のご案内のページで最寄り駅からの案内や周辺のコインパーキングの場所等を表示していますので、そちらをご利用下さい。
自転車やバイクは広場内や第一、第二はす池横広場、公園内に整列して駐輪をお願いします
また、公園内にトイレはありません。近くにもコンビニ等の商店もありませんので、小田急線の本鵠沼駅や藤沢駅等でお済ませの上、ご来場下さい。


●公園内での犬の散歩等のマナーについて

桜小路公園内(遊具のある公園、第一はす池及び第一はす池横広場、第二はす池及び第二はす池広場)に毎日多くのワンちゃんがお散歩に来ていますが、園内のあちこちに糞が放置されています。遊びに来た子どもたちがうっかり踏んでしまったり迷惑しています。必ず持ち帰っていただくようお願いします。

落ち葉や刈り取った草などを集積している所には、おしっこを掛けさせように
して下さい。ボランティアが手作業でそれらを腐葉土にしたり、廃棄のために
袋詰めしています。
ボランティアで参加されていた方が「犬の糞がいやなので」という理由で、お手伝いを止めてしまった方もいます。

第一はす池横広場はドックランではありません。
神奈川県や藤沢市の条例で、指定箇所以外ではリードを外しての放し飼いは禁
止されています。
第一はす池横広場には健康遊具が設置されましたが、時間によっては多くの犬が放たれていて、利用しにくい状態で、子どもたちも「犬がいるから入りたくない」とこぼしてします。
また、雑草を手作業で根こそぎ除去し芝を生育させていますが、犬を走り回ら
せているため、傷んでしまい土が露出して、ワンちゃんの足も土汚れしていま
すので、ご配慮をお願いします。



桜小路公園内の健康遊具の使い方
第一はす池横広場に設置された3つの健康遊具の使い方と桜小路公園内でのウォーキングが藤沢市保健所が発行する[公園で健康づくり]で紹介されました。





新着情報news

2021年6月18日
6月の定例会と舞妃蓮の開花状況をUPしました。
2021年2月1日
第一はす池健康遊具の使い方、2月と3月の活動予定を更新しました。

はす池の自然を愛する会

〒251-0038
藤沢市鵠沼松が岡2-1-6

TEL 090-8566-0990
e-mail
kugenumahasuike2@gmail.com

oldphotgraph2.htmlへのリンク